外壁塗装で1番選ばれています。

パーフェクトトップは外壁塗装で1番選ばれています。番人気で、光安定剤と高耐候酸化チタンによる効果のラジカル制御技術で耐候年数を伸ばしシリコングレードを越える耐候性でコストパフォーマンスが非常に高いパーフェクトトップです。

 

ラジカル系塗料のパーフェクトトップ

以前までは住宅の外壁に使っていた塗料の「シリコン塗料」との価格差があまりないため利用しやすいく「シリコン塗料」と比べて耐久性が非常に高いメリットがありシリコン塗料との価格がほとんど同じですが耐候年数に対するコストパフォーマンスの高い塗料です。
耐候年数とは、外壁塗装が必要になるまでの期間のことで一般的に使用する「シリコン塗料」と比較すると汚れにくい性質をしていて外観を長く保ちたい場合におススメの塗料です。

 

 

ラジカルとは
ラジカル制御技術の説明・藤原ペイント
外壁塗装・屋根塗装の塗料の中に含まれている顔料に、酸素・紫外線・水などが触れると発生する劣化因子のことで外壁塗膜や屋根塗膜が退化してしまい塗装された外壁の劣化でよくある「チョーキング現象」を発生させます。
このラジカルの発生を制御する塗料をラジカル系塗料と呼んでいます。

 

 

外壁塗装年経過塗料比較

一般塗料一般塗料で施工前の状況は美観を損ねている外壁・藤原ペイント

パーフェクトトップパーフェクトトップ10年経過しても美しい外壁・藤原ペイント

 

 

チョーキングが起こりにくい
外壁が劣化し手に白い粉が付着・藤原ペイント
外壁塗膜に触れると、手にチョークの粉のような白いこないが付着する「チョーキング」は、外壁塗膜の劣化現象の一つで経年劣化により塗膜に含まれる酸化チタン(白色顔料)が外壁塗膜の表面に浮き出てしまう白い粉状のものが「チョーキング現象」です。
このため、淡色なら白色で外壁の塗装膜は白色の顔料の劣化が進みチョーキング現象が発生し、チョーキング現象が始まった外壁塗膜には防水性能はありません。

ラジカル系塗料はこのようなチョーキング現象を抑えるために開発された耐久性が高いのです。

 

 

防カビ性、防汚性に優れている

親水性化技術による低汚染性の絵・藤原ペイント
バイオ技術によりカビや藻が付きにくいのもラジカル系塗料の特性で日当たりのわるい北側の壁にも最適で親水性にも優れ雨水による汚染を防ぐ高い力もあります。

 

塗料を選ぶ際のポイントの図・藤原ペイント

上記の図のラジカル制御グレードとセラミックグレードが青くなっています。
コストパフォーマンスで選ぶならラジカル系塗料かセラミック(無機系)塗料。
頻繁に外壁塗装をやらずに済むので長い目で見たらメンテナンス費用を安く抑えられます。

 

コストパフォーマンス性が高い

外壁塗装パーフェクトトップの見積書・藤原ペイント

 

見積書内容
120㎡のお家をパーフェクトトップで外壁塗装を行う場合

・足場仮設
・高圧洗浄
・ひび割れ補修(下地処理)
・養生作業
・下塗り1回
・上塗り2回

上記全てを含み55万円です。

 

ラジカル系塗料と機能性の高さがほぼ同じフッ素樹脂塗料と比較すると1㎡あたりの単価が1,000円程度安いです。30坪のお家の外壁全体を塗装するとき塗装費用が30万円近く変わるので高機能の外壁にしたい方はフッ素樹脂塗料よりラジカル塗料がかなりお得です。

 

 

 

藤原ペイントでは標準仕様で日本ペイントのラジカル系塗料を採用

ラジカル系塗料

外壁塗装に使用する塗料にはさまざまなグレードのものがあり、ウレタン系やシリコン系塗料を選ばれるお客様が多い。そのため、ウレタン系塗料を扱っている塗装店も多いのですが、藤原ペイントは、15年先も安心できる、長持ちする外壁塗装をコンセプトとしているため、より長持ちをするラジカル系の塗料を使用ています

たくさんのメーカーが塗料を開発しています。新商品も多くリリースしていますが、新商品イコール良い塗料だとはかぎりません。

藤原ペイントは、外壁塗装・屋根塗装をする際に、これまで『実績のある塗料』しかおすすめしておりません。

 

 

ラジカル塗料