お家を建ててから10年が過ぎた頃からメンテナンスが気になります。
毎日、雨や風にさらされて汚れが気になり、外壁塗装の塗り替えが気になるという人は多いです。ですが、外壁材によって塗装が必要ないことがあります。

 

外壁塗装の必要ない素材のお家は?

現在、ほとんどのお家が窯業サイディングの外壁材を使用しています。
海外では塗り替えが必要ない樹脂サイディングが主流になってきていますが、日本では施工できる職人が少ないのと、あまり知られていのであまり使用されていません。

外壁の塗装が必要ない素材は無機質系で劣化しにくいという特徴があります。

 

樹脂サイディング
外壁塗装の必要ない樹脂サイディング・藤原ペイント
塩化ビニル樹脂を原料したサイディングの一種でです。日本では窯業サイディングが主流で樹脂サイディングの国内シェアは1%ほどにとどまりますが、これから増えて来ます。
窯業サイディングに比べて耐久性が非常に強く、メンテナンスフリーとまではいきませんが他の外壁材よりも丈夫で値段もお手頃です。

 

タイル

外壁塗装の必要ない茶色のタイル・藤原ペイント
タイルは砂や石 、粘土などを高温の窯で焼き固めたもので、砂や石は無機物なので雨や紫外線、汚れやキズにも強く、劣化がしにくいことから塗装の必要がなく耐用年数が非常に長いと言われています。
タイルそのものは劣化しにくい素材ですが、タイルを外壁に接着する素材、目地に使われる素材がタイルと同じ強さを持ち合わせていないので、メンテナンスが必要になってきます。
目地にセメントやモルタルを使っている場合は目地材が水分を吸ってしまい劣化していきます。
タイル自体に塗装が必要なくても目地のメンテナンスは必要となります。

 

レンガ
外壁塗装の必要ないレンガ・藤原ペイントレンガは泥や粘土を高温の窯で焼き固めたもので、耐用年数は50年以上とされ、タイルよりも長持ちし、水を吸い込まない素材なので水によってひび割れの心配がなく、温度の変化に影響を受けず伸縮することもありません。
ですが、レンガもタイルと同じようにレンガ自体は劣化しなくても目地材は劣化してしまい、ひび割れの可能性があるのでメンテナンスは必要です。

レンガやタイルを塗装することは可能ですが、使用した塗料の耐久年数が来ると塗り替え必要になってきます。

 

 

サイディングボードについて