ラジカル塗料のパーフェクトトップ

 

ラジカル塗料
少し前まで人気だった住宅の外壁塗料で「シリコン塗料」とほとんど価格差がないため利用しやすい点がメリットです。
「シリコン塗料」と比較して耐久性が格段に高いというメリットがあります。
ラジカル塗料はシリコン塗料との価格差が小さいため、耐用年数に対するコストパフォーマンスが高い塗料だと言えます。
耐用年数とは、次回の塗り替えが必要になるまで外壁塗装が耐えられる期間のことです。
一般的に使う「シリコン塗料」に比較して汚れにくい性質があります。
このため、外観を美しいままで長く保ちたい場合に適しています。
ちなみに、ラジカル塗料よりも汚れが付きにくい素材にフッ素塗料や無機系塗料があります。
フッ素塗料や無機系塗料はラジカル塗料よりも価格が格段に高いため、耐久性は上がるもののコストパフォーマンスは低下しまいます

ラジカルとは

外壁塗装・屋根塗装の塗料に含まれている顔料に、水・酸素・紫外線などが触れることで発生する劣化因子のこと。
つまり、ラジカルは外壁材や屋根材の塗膜が退化してしまう一つの原因で、塗装された外壁塗装膜の劣化でよくある「チョーキング」現象を発生させます。
ラジカル塗料とは、ラジカルの発生を制御してくれる塗料のことです。

チョーキングが起こりにくい

チョーキング

外壁に触れると、手にチョークの粉のようなものが付着する「チョーキング」は、外壁の塗膜劣化現象の一つです。

経年劣化によって、塗膜に含まれる白色顔料(酸化チタン)が外壁の表面に粉状に浮き出てしまうのが、「チョーキング現象」です。
このため、淡色や白色で塗装された外壁では、白色顔料の劣化が進行し、チョーキング現象が発生しやすくなってしまいます。
チョーキング現象が起きてきた外壁は、塗替えを行う必要があります。

ラジカル塗料は、チョーキング現象を抑えるために開発された、耐久力が高いの塗料です。

防汚性、防カビ性に優れている

防水性

バイオ技術によって、カビや苔、藻が付きにくい特徴も持つラジカル塗料。
日がよく当たらない北側の外壁にも最適です。
また親水性にもかなり優れているため、雨水による雨染み汚染を防ぐ力もあります。

コストパフォーマンス性が高い

ラジカル塗料は、機能性の高さがほぼ同等のフッ素塗料と比べると、1㎡あたり1,000円位は価格が安いです。
30坪のお家の外壁全体を塗装するとなると、リフォーム塗装費用が30万円近く変わるので、高機能でリーズナブルに外壁塗装したい方にラジカル塗料はかなりお得でオススメ塗料と言えます。

頻繁に塗り替えずに済むので、長い目で見たらメンテナンス費用を安く抑えられます。

塗装時の光沢が持続

変色がしにくいのと、汚れに強いため、塗装したときの光沢が良いのもラジカル塗料の魅力の一つです。
なおラジカル塗料などの外壁用塗料には「ツヤ有り」「7分ツヤ有り」「5分ツヤ有り」「3分ツヤ有り」「ツヤ消し」があります。

お肌と同じ様にお住まいにも紫外線対策が必要です。

紫外線から外壁を守るラジカル系塗料・藤原ペイント

地球上に降り注ぐ紫外線量は、増加の傾向にあります。紫外線が増えるとどうなるのでしょうか。
様々なの研究から、紫外線をたくさん浴びすぎると人の体に悪影響を及ぼします。
シミやシワの発生が気にりお肌をまもるために、紫外線対策をしている方も多いはずです。
しかし紫外線の対策が必要なのは、お肌だけでとはかがりあせん。
紫外線は、皆さまの大切なお家にもすごい悪影響を及ぼしているのです。

外壁塗装は上塗り材が1番重要と思われがちですが、下塗りの段階で良し悪しが決まると言っても過言ではありません。
下塗りの重要性については料金についてのページに詳しく記載しておりますので、よろしければご覧ください。

30年耐久性のコーキング剤、オートン・イクシードを標準仕様にしております。

 

無機系塗料のパーフェクトセラミックトップG